月刊りぃ〜ど

「人の温もり、人は情報」

 社会は相変わらず、武器による紛争、戦争は絶えませんが、洋の東西、陰にこもった言葉による論争も引きも切りません。
 人間同士、じっくり話し合えばお互い理解できることだと思うのですが、こうした争い、まったく困ったものですね。

 さて、本誌は「人の温もり」を多くの人に感じてもらいたいとしてごく身近な、かつホットな話題を提供して以来、間もなく創刊25年目を迎えました。今後も、この理念とともに、「人は情報」を基本とし、さらに「いい誌面づくり」に努めてまいります。併せて、情報の提供もよろしくお願いいたします。

    

月刊りぃ〜ど編集部
編集長 鈴 木 滋

最新号 August 2019

contents


Thumbnail Image 1

 「働く」という言葉は、一説によると「傍(はた)を楽にする」が語源であるという。傍とは、「かたわら」や「そば」という意味で、周りの人間を指すと考えれば自然だ。 生活を共にする家族、職場の同僚、取引先や利用者といった、かかわる人のすべてに“恩恵”を与え、楽にすることが働くことの基本にある。 日々働く中で、他者に何かを与え、自らを高めながらまい進する、いわきの6人の「されど、マイウエイ PART44」を取材した。

 特 集 

 

木地処さとう
代表 佐藤 英之さん

 伝統こけし製作工房として93年の歴史を持つ平の「木地処さとう」。現在は親子4人がこけしを製作するという全国でも例のない“こけし一家”だ。それぞれ違った作風で愛好家を引きつける老舗工房の魅力を垣間見た。

~歩み続けて~老舗


デイクルーズが秋に終了
ありがとう、ふぇにっくす
27年間、港の活性化に尽力

 27年間にわたり、ミナト小名浜の観光海上遊覧船として親しまれてきた、小名浜字辰巳町、いわき・ら・ら・ミュウ内、いわきデイクルーズ(鈴木秀夫社長)の「ふぇにっくす」が9月8日付で就航を終了することになった。

人、まちニュース


Thumbnail Image 1 
Thumbnail Image 1

編集後記

クジラ問題、広く、深く…


編集後記











本誌は、地域に根差した「大人のエンターテインメント」を目指し、 平成5年秋に浜通り初のメンバー制(会員システム)の雑誌として創刊しました。

Social

Twitter
Facebook

Contact Us

Office

株式会社いわきジャーナル
福島県いわき市鹿島町走熊字小神山29 ヤスミツ第一ビル2-A
電話:(0246)29-2424 / FAX:(0246)29-2425 / Mail:read@iwaki-j.net