最新号 December 2017

3.11 昨日、今日、明日

2017.12月号 6年7カ月ぶりに乗り入れ

 東日本大震災と原発事故の影響を受け、JR常磐線の一部が不通になっている双葉郡で、10月21日、同竜田―富岡駅間が運転を再開。同町が記念式典を行い、復興への一歩を祝った。

 富岡町は今年4月、町の大部分が避難指示解除され、復旧、復興工事が加速。同3月末、国道6号沿いに、複合商業施設「さくらモールとみおか」が全面開業したほか、JR富岡駅前に、4階建てのビジネスホテル「富岡ホテル」が建設されるなど、各所で新しいまちづくりが進む。
 こうした中、同日、JR竜田―富岡駅間、6.9kmが再開。再整備された同駅舎には、6年7カ月ぶりに乗客を乗せた列車が乗り入れた。
 この日、同町は「運転再開式」として、乗務員らへの花束贈呈、列車の見送りのほか、同ホームで式典を実施。宮本皓一町長が、「アクセスが向上し、復興を見てもらうとともに、これまで支援いただいた方々をもてなすことができる」と、あいさつした。
 その後、駅に併設された店舗「さくらステーションKINONE」のオープニングセレモニーが開かれたほか、来場者に同町名物「マミーすいとん」が振る舞われるなど、町民、関係者らは祝賀ムードの中、待ちに待った再開を喜んでいた。

次号予告

1月号は2017年12月下旬発行
★連載:街の角で/いわき再発見シリーズ12「―群像―いわきの誉れ」/私の博物誌★エッセー:変わる、かわる、体と心がカワル/絵本のちから(仮)/オリーブ、燦々(仮)/言葉、つれづれに/うまい話し ほか





連載

街の角で
うまい話にゃウラがある
私の博物誌

エッセー

琥珀色の風景
お風呂が一番!