最新号 November 2018

人、まちニュース

2018.11月号 錦中生 本誌で職場体験
家具の丸ほんが協力 取材、制作のイロハを学ぶ

 錦中学校の職場体験が9月18日、市内の各事業所で行われ、本誌でも澤田千紘(3年)、内村有希(同)さんの2人が取材、誌面制作に挑んだ。  取材体験は、雑貨や家具などを取り扱う鹿島町の「丸ほん」(佐々木貢一社長)の協力を得て、店内を見学したあと、創業時の話や仕入れ、商品、こだわり、工夫、年間来客数などについてインタビュー。
 編集部では、編集担当者から記事の書き方の「イロハ」について指導を受けたあと、インタビューしてきた内容を実際に記事にし、その後、制作担当者の指導で誌面レイアウトにもチャレンジした。
 2人は慣れない作業に頭を悩ませながらも懸命に体験に臨み、世界で一つだけの誌面ができあがると、うれしそうな表情を浮かべて出来栄えを確認し合っていた。
 取材後、澤田さんは「取材時、事前に考えていた質問はスムーズにできたが、状況によっての質問が思い浮かばず苦戦した」、内村さんは「誌面制作はまったく初めてで難しかったが、思い通りに完成したので良かった」などと感想を話していた。

次号予告

12月号は2018年11月下旬発行
★連載:いわき再発見シリーズ12「―群像―いわきの誉れ」/私の博物誌★エッセー:変わる、かわる、体と心がカワル/言葉、つれづれに/うまい話し ほか





連載

    
そして、VS
いわきの誉れ
特集
3.11
人、まちニュース
うまい話にゃウラがある
私の博物誌
波光