最新号 December 2017

人、まちニュース

2017.12月号  〜原発事故の安全・安心について〜 いわきで講演会開く

 市医師会といわき市は10月29日、市文化センター大ホールで、「日本放射線影響学会第60回大会記念 サテライトシンポジウムinいわき2017」を開いた。
 千葉県で「日本放射線影響学会第60回大会」が開かれたのを記念し、同大会で講演を行った4人の講師を招き「国際基準から見た福島原発事故の安全・安心について~産み 育て 共に暮らす街づくりをめざして~」と題して講演会とパネルディスカッションを行った。
 第1部は、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)のマルコムJクリック、世界保健機構(WHO)のマリア・デル・ロザリオ・ペレスさんらが低線量被ばくと発がん率の関係や、原発事故当時の国際的な支援活動などについて講話。
 第2部では、医療法人正風会、石井脳神経外科・眼科病院の石井正三理事長がコーディネーターとなり、来場した市民から質問を受けながら、これまでの知見についてパネルディスカッションが行われた。
 会場には約450人の市民らが来場し、熱心に話を聴く姿がみられた。

次号予告

1月号は2017年12月下旬発行
★連載:街の角で/いわき再発見シリーズ12「―群像―いわきの誉れ」/私の博物誌★エッセー:変わる、かわる、体と心がカワル/絵本のちから(仮)/オリーブ、燦々(仮)/言葉、つれづれに/うまい話し ほか





連載

街の角で
うまい話にゃウラがある
私の博物誌

エッセー

琥珀色の風景
お風呂が一番!