月刊りぃ~どWEB版テスト公開中 従来のホームページはこちらへ

創作麺「やま鳶(とんび)」 さかなの日に子ども食堂開く

創作麺「やま鳶(とんび)」 さかなの日に子ども食堂開く
子ども食堂のメニュー

平作町、創作麺「やま鳶(とんび)」(曲山修太さん経営)は7月7日、「子どもたちがお腹(なか)いっぱい”地元食材の味”を味わえる温かい場所にしたい」という思いから、同日の「さかなの日」に合わせて「子ども食堂」を開いた。

 いわき産コシヒカリ「Iwaki Laiki」のご飯の上に、遠野町産の豚肉を乗せた「お肉ごはん」(100円・税込み)と、地元産のしょうゆをベースに、丸鶏、アサリなどでダシを取り、全粒粉とアレルギーの人でも安心なオーガニック小麦をまぜたオリジナル麺を投入。そこに手作りのメンマとチャーシュー、青ネギをトッピングした「お子さまらぁ麺」(150円・同)の2種類。

 また、魚の日企画で「IWAKI SUNSHINEラーメン 夏」、または子どもメニューを注文した人限定で、県沖海域のカナガシラを使ったすり身だんご入りスープをプレゼントした。

 同店の真美さんは、「この企画を通して、子どもたちの可能性を広げられたらうれしいです」と、笑顔で話した。また、8月中は定休日の火曜日と13日を除き、毎日実施する予定だ。

「地元食材の味」を味わう子ども

まちニュースカテゴリの最新記事