月刊りぃ~どWEB版テスト公開中 従来のホームページはこちらへ
19年1月に堂々の就役 小名浜港・巡視船〝なつい〟「小名浜」

 小名浜港周辺は、いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」や、ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」、「イオンモールいわき小名浜」などの大型施設が並ぶ一大観光スポット。
 風景印には、魚と海上保安庁・福島海上保安部の巡視船、工業地帯とマリンタワーがデザインされ、小名浜地区の特徴が多数盛り込まれている。
 中でも大きく目立つのが同保安部の巡視船の図柄。2019年1月に就役したばかりの新造船「なつい(PM-58)」は、いわき・ら・ら・ミュウ南側の埠(ふ)頭に係留され、近くまで行って見ることも出来る。
 赤外線監視装置などの最新鋭の設備のほか、高速警備救難艇と複合艇が搭載され、さまざまな活動に対応。
 しかし、同船の出動がないことが、海の平和の証しなのだ。

 

巡視船「なつい(PM-58)は、2019年1月に海上保安庁に引き渡された新造船で、全長72メートル、幅10メートル、総トン数650トン。

 

 風景印とは、各郵便局が使用する図柄入りの特殊な消印。名所、旧跡、特産品などが図案化され、窓口で依頼すると通常の消印の代わりに押印してもらえる。収集のための記念押印にも、切手やハガキなどを使用するため、最低63円の料金が必要。

小名浜郵便局=いわき市小名浜字定西47の2
電話=0246-92-3202

復刻版・いわきの情景・スタンプの魅力カテゴリの最新記事