季節に合わせライトアップ 常磐共同火力勿来発電所「植田」

 今回取り上げる旧勿来市は、勿来、錦、植田と、主要な郵便局それぞれに風景印がある。
 勿来局は、名所勿来の関と、海水浴場にある二ツ島。錦局は、御宝殿熊野神社と同社で行われる、国の重要無形文化財・稚児田楽。
 これら古い歴史や旧跡、伝統が描かれる二つのスタンプに対して、植田局は鮫川とヨット、常磐共同火力勿来発電所と、新しい時代の風景を使用。
 福島高専の学生の協力を得、同発電所は、2018年から「勿来ゆめライト」の愛称で、集合煙突のライトアップを行っている。
 月ごとに変わるテーマカラーと、祝日やイベント開催に合わせた特別カラーがあり、地区の新たなシンボルとして市民の目を楽しませている。

 =終わり

 

四月には河津桜にちなんだ桜カラー、七月は七夕カラーなど、季節に合わせたさまざまな色彩設計は、福島高専の学生たちとの共同デザイン

 

 風景印とは、各郵便局が使用する図柄入りの特殊な消印。名所、旧跡、特産品などが図案化され、窓口で依頼すると通常の消印の代わりに押印してもらえる。収集のための記念押印にも、切手やハガキなどを使用するため、最低63円の料金が必要。

植田郵便局=いわき市植田町本町1の6の8
電話=0246―63―3301

錦郵便局=いわき市錦町中央3の3の22
電話=0246―63―3422

勿来郵便局=いわき市勿来町窪田町通3の87
電話=0246―64―8393

復刻版・いわきの情景・スタンプの魅力カテゴリの最新記事