ご当地ラーメン開発 12月から販売中

 平作町、創作麺「やま鳶」(曲山修太さん経営)は、12月からいわきのご当地ラーメン「IWAKI SUNSHINEラーメン」(1,000円、税抜き)の生ラーメン3食セットを販売中。

 今回、「いわきの食材の味をいかせるように」といった思いから開発。セット内容は、「浜」をイメージした塩味のスープ、湯本温泉の源泉を配合した「温泉麺」を同梱(こん)。トッピングは付いておらず、地場の野菜や果物などを好みでのせ、「オリジナルの一杯」が楽しめる。

 販売店舗は、同店のほか、市石炭・化石館「ほるる」、湯本温泉などでも購入可能で、「いわき土産」としても最適だ。

 ご当地ラーメンをPRする曲山真美さん

 一方、同店は11月中旬から、食器やメニューの一部をリニューアル。ラーメンの器、れんげは、「お祝い感」を出すため、白から紅白に変更。

 また、麺に味が付いている3種類の「和え玉」、いわきのブランド米「イワキライキ」を使用した「やま鳶オリジナル出汁(だし)カレー」などが新メニューとして追加され、人気を集めている。

まちニュースカテゴリの最新記事