PHVやEVを蓄電に活用 V2Hシステム体験会

PHVやEVを蓄電に活用 V2Hシステム体験会

 鹿島町のリビングソーラー(小野信彦社長)は先ごろ、太陽光発電、家庭用蓄電池、PHV(プラグインハイブリッド車)やEV(電気自動車)と接続する充電スタンドを組み合わせたV2H(ヴィークルトゥーホーム)システムの体験会を開いた。
 同社は太陽光発電システムの設計、施工、販売まで総合的に行い、一般家庭向けだけでなく、事業者向けのビジネスも展開している。
 体験会では、動画などを使ってシステムを説明。太陽光で発電した電気を蓄電池やEVに充電し、停電時に使用する実演や、電力会社からの買電と蓄電設備からの自家利用切り替えのデモンストレーションなどを行った。
 小野社長は「災害時にも電気が使えて安心。今後、太陽光発電の買い取り価格が下がり、自家消費する方が得になります。大容量の電力を蓄えておき、簡単に切り替えて使える同システムをおすすめしています」と、語っていた。
 同社は、2月末の土日にも体験会を行う。
 問い合わせは(電話=0120-4194-53)まで。

 

まちニュースカテゴリの最新記事