2021年3月

人形の東月で五月飾り展示

 自由ケ丘、人形の東月(脇山智彦社長)は、5月の端午の節句に先駈け、鎧(よろい)・兜(かぶと)や、鯉のぼり、いわき絵幟(のぼり)師、3代目辰昇が描く本手描き絵幟などを展示、販売中。 同店の特設会場には、現代の住宅事情に合わせたコンパクトなも […]

-群像- いわきの誉れ「第2代いわき市長 田畑金光」

市の基礎施策次々に 「市民意識の一体化」図る   4年前の4月、肺炎のため99歳で他界した田畑金光。第2代いわき市長として3期12年にわたり、地域の発展に貢献した。 時代は、日本が高度経済成長から低成長に転換した昭和40~50年代。いわき地 […]

-呉羽総合病院- 15年ぶりに婦人科再開・佐藤医師が就任

 「直接、人々と話ができる職業をと思いこの道へ」と、昔を述懐しながら、にこやかに語るのは昨秋10月、錦町、呉羽総合病院に婦人科部長として就任した佐藤尚明医師(56)。同病院としては平成17年以来、15年ぶりの婦人科診療の再開となっている。  […]

感謝込め歩道橋に横断幕 東洋システム

 蓄電池の性能などをテストする「受託評価」で世界的なシェアを持つ、常磐西郷町の東洋システム株式会社(庄司秀樹代表取締役)は、東日本大震災の発生時に活躍した自衛官らにエールを送ろうと、市内3カ所の歩道橋に横断幕を掲げている。 記されているメッ […]

森林組合の総会開かれる

 いわき市森林組合(田子英司組合長)の第51回通常総代会が3月10日、鹿島町のパレスいわやで開かれ、持続可能な森林経営の確立を目指すことなどを申し合わせた。 田子組合長が「森林の放置が課題。各種施策の前提となる、森林境界の明確化を重要事項と […]

-群像- いわきの誉れ「経済学者 櫛田民蔵」

マルクス研究の先駆者 社会運動家に思想的影響も   明治から大正、昭和初期にかけては「大正デモクラシー」と呼ばれ、日本が民主主義へと政治的な変革を遂げた時期。 明治維新を遂げた薩摩、長州らの藩閥政治に代わり、護憲を主張する政党政治が出現する […]

新型コロナウイルス・ワクチン接種始まるコールセンター設置

 新型コロナウイルス感染収束の「切り札」とされる、ワクチンの医療従事者向け接種が3月8日、いわき市内でも始まった。 市医療センターで初日の様子が報道機関に公開され、新谷史明院長ら30人が接種。滞りなく進み、新谷院長は「特に痛くもかゆくもなく […]

  • 2021.03.01

月刊りぃ~ど本紙掲載記事 2021年3月号

 瞬時にして多くの人々の命、生活が奪われた、東日本大震災からこの3月で10年を迎えた。巨大地震に伴う津波によって、いわき地方を含む本県の海岸線は未曾有の被害を受けた。以来、防潮堤、各道路の整備など復興への歩みを進めてきた。一方、「人災」とも言われる福島第一原発の水素爆発は、国内、世界を震撼(しんかん)させたケタ外れの事故だが、廃炉関連を含め、問題、課題が山積。丸10年が経過したものの、先行きは不明だ。